メンテナンス方法

HOME > メンテナンス方法

バッテリー交換の手順

電気系統を切る

安全のため、バッテリーを取り外す前に、ライトなどの負荷を完全に切ってください。その後、エンジンキーを抜きます。

(+)端子の位置を覚える

古いバッテリーから新しいバッテリーへ交換する時に(+)極と(-)極を逆に接続することのないように、(+)端子の位置を覚えておきます。
バッテリーの極性表示は、端子の周囲に表示されています(※テーパー端子の(+)極は(-)極に比べて太いので、端子の外観によって判別できます)。バッテリーが2個搭載されている場合は、同一サイズ、同一履歴のものを同時に交換してください。

ケーブル端子を外す

まずは車体にアースされている(-)端子側のケーブルから外します(※ バッテリーから取り外す場合は、端子のナットを緩めて取り外します)。
続いて(+)ケーブル端子のカバーを外して、同様に端子のナットを緩めて取り外します。

固定金具を外す

バッテリーを固定している金具を取り外します。固定金具のネジを緩める時は、金具などで端子とショートさせないよう、十分に気をつけましょう。

バッテリーを交換

古いバッテリーを取り出し、取り付け台に異物のないことを確認してから、極性に注意して新しいバッテリーを設置します。

固定金具を平均的に締める

安全のため、バッテリーを取り外す前に、ライトなどの負荷を完全に切ってください。その後、エンジンキーを抜きます。

ケーブル端子を取り付ける

車両側の(+)ケーブル端子をバッテリーの(+)端子に取り付けて、端子カバーを元どおりにかぶせます。’続いて(-)ケーブル端子をバッテリーの(-)端子に取り付けて完了です。

バッテリーについてもっと見る

バッテリーの取り扱い上の注意

  • 火気・スパーク厳禁

    バッテリーからは水素ガスの発生があり、取り扱いを誤ると引火爆発の原因となり、大変危険です。火気やスパークは厳禁ですので、十分注意しましょう。

  • 子供などを近づけないこと

    バッテリーの取り扱い方法や危険性を十分理解していない者(子供等)には、触れさせないでください。
    バッテリー液により、失明ややけど等の原因となります。

  • バッテリー液(硫酸)に注意

    バッテリー液が体に付着すると、失明ややけど等の原因となります。
    また、衣服や器物に付くと、損傷するおそれがあります。

  • 作業中は保護メガネを使用のこと

    バッテリー液による失明ややけどを防ぐために、作業中は保護メガネを使用してください。

  • 自動車のエンジン始動用以外に使用しないこと

    本来の目的以外の用途で使用すると、引火爆発の原因となります。

  • 金属金具などで(+)端子と(-)端子を接触(ショート)させないこと

    バッテリーから発生している水素ガスなどへの引火により、爆発や火災の原因となります。

バッテリーを交換する時に確認すること

最近の車両の中には、バックアップをとらなければならないものがあります。メーカーごとに仕様が異なりますので、注意事項と車両取り扱い説明書をよくご確認の上、交換してください。
また時計、ラジオ、ナビ等のメモリー機能が採用されている装備に関しても、バッテリー交換時にメモリーが消失するおそれがありますので、バックアップやデータ設定値の控えをとる等、事前のトラブル防止をおすすめします。

エンジンコントロールユニット(ECU)の学習機能

現在、ほとんどの車両に採用されています。
バッテリー交換時にバックアップをとらなかった場合、これまでのエンジン調整データが消失してしまい、初期設定にリセットされます。そのため、バッテリー交換後、エンジンスタートした際にアイドリングが安定しないことも。
その際は、10~20分程度アイドリングを続けると学習機能が働き、元の調整状態が復元されます。
それでもなお不調の場合は、カーディーラー様にご相談ください。

特定車両でのバッテリー交換時のご注意

トヨタ車の場合
【アイドリングストップシステム付き車両(ヴィッツ等)】
バッテリー交換後は、クラッチ初期学習が必要となります。その方法につきましては、カーディーラー様にお問い合わせください。

ホンダ車の場合
【パワーウィンドウのオート機能付き車両】
バッテリーやヒューズ等を交換した場合は、パワーウィンドウのオート作動ができなくなりますので、次の順序で回復を図ってください。
(1)エンジンを始動し、ドアガラスを一番下まで下げます。
(2)次にスイッチを引き上げ続け、ウィンドウを閉め切った状態のまま、約1秒間スイッチを保持。その後、機能が復帰します。

三菱車の場合
【三菱マルチコミュニケーションシステム(MMCS)付き車両】
バッテリーを交換すると、残燃料での航続可能距離表示がリセットされ、異常値を示します。正常値にリセットする方法につきましては、カーディーラー様にお問い合わせください。
【マニュアルミッションのエンジンスタート(対象車:三菱ランサーレボリューション)】
マニュアルミッション車で、クラッチスタートシステムを採用している車の場合は、クラッチペダルを踏んで(クラッチを切って)も、エンジンがかからない場合があります。ご注意ください。

川井蓄電池工業所 取扱いバッテリー 一覧

  • サイクル(EB)
  • 国産車
  • 外国車
  • ハイグレードバッテリー
  • その他
ご質問がございましたらお気軽にお問い合わせください。

受付時間:9:00~18:00
日曜日・祝祭日定休

24時間受付中!

お問い合わせ